ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    2019年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    AS20170906004042_commL

    久米島であった日本兵の虐殺事件や、集団投身自殺寸前で思いとどまった体験などを話す渡嘉敷一郎さん(右)と妻の政子さん=19日、東京都練馬区の自宅

    20190622-00000006-ryu-001-2-view

     【東京】沖縄戦で本島における日本軍の組織的戦闘の終了後、久米島に配備されていた日本軍にスパイ容疑で虐殺された仲村渠明勇さんに命を救われた少年がいた。現在、東京都練馬区で暮らす渡嘉敷一郎さん(80)だ。渡嘉敷さんは久米島に上陸した米軍に捕らわれるのを恐れて池に飛び込んで命を絶とうとしたところ、仲村渠さんの呼び掛けで思いとどまった。同じ久米島出身の妻政子さん(80)が住民虐殺の歴史を語り継ぐ活動を続けており、一郎さんも参加して語り始めた。本紙に体験を語るのは初めてで「一番怖かったのは日本兵だった」と振り返る。

     沖縄本島で捕らわれた仲村渠さんは1945年6月26日、米軍と共に久米島に上陸し、住民に投降を呼び掛けていた。日本のポツダム宣言受諾後の8月18日、島にいた日本軍の通称「山の部隊」(鹿山正海軍通信隊長)の兵士に妻子と共に殺された。

     渡嘉敷さんは旧具志川村(現久米島町)仲泊の出身で、戦争中は50~60人で避難生活を送っていた。「ヒージャーミー(米国人)に殺される」との話が住民の間に広まっていった。米軍上陸後、母親の親戚と一緒に逃げていた渡嘉敷さんは、池に飛び込もうとしていた矢先、「もう戦争は終わったよ。もう死ぬことはないぞ」という仲村渠さんの呼び掛けを聞いた。「あれは西銘(集落)の明勇だ」と誰かが叫び、われに返った渡嘉敷さんは投身を思いとどまった。

     当時、島では日本軍の隊長からは「山に上がって来ない者は殺す」との命令が下されていた。上陸してきた米軍からは、日本兵が軍服を捨てて住民にまぎれこんでいることから「家に戻りなさい。戻らなければ殺す」と投降の呼び掛けが出ていたという。どちらを選択しても死を迫られるという苦しい状況に住民は置かれていた。

     渡嘉敷さんは「明勇さんは案内人として米軍に連れてこられていた。村人が隠れているところを回って、投降を説得するのが役割だった。明勇さんに命を助けられた。島の人にとっては恩人。それを、逃げるところを後ろから日本刀で切って殺されたと聞いた」と悔しそうな表情を浮かべた。

    ■ほかにも住民虐殺が…

     久米島では日本軍による住民虐殺がほかにも起きている。渡嘉敷さんの妻政子さん(80)=同村仲地出身=は「島の人も関わったとされタブー(禁忌)となってきたが、何らかの形にして事実として伝えていかないといけない」と東京で島の沖縄戦について語り続けている。

     日本兵による住民虐殺は当時から住民の間でうわさになった。政子さんは「大人たちが屋号で『どこどこの誰々が殺されたよ』『部落の方で異様なことが起こっているよ』と話していたのを聞いていた」と話す。

     戦後も虐殺があったと聞いた場所に来ると、カヤを結んだ魔よけを手に通ったものだった。「子ども心にも、その時のことが思い出され、たまらない気持ちになった」。大人になって久米島の戦争の本を読んで、「ああ、あの話はそうだったのか」と記録と記憶がつながっていった。

     小学校1年で教えてくれた教諭が、島に配置されていた中野学校出身で「上原敏雄」を名乗る残置工作員だった。ある時、学校に米軍の憲兵が来て、2人で教諭を羽交い締めにして軍用車両で連行していった。その後の消息は知らないという。

     住民虐殺というテーマを語り継ぐのは重いため、得意の三線も交えて伝えている。島の悲劇にあえて向き合う夫婦。「今も残された者も重荷を背負いながら生きている」との思いを背に語り継いでいる。

     今年の慰霊の日は午後2時から、東京都練馬区立男女共同参画センター「えーる」で、久米島の沖縄戦について政子さんと一郎さんが語る会が催される。(滝本匠)

    ◆久米島における沖縄戦での住民虐殺

     久米島に駐留した日本軍の通称「山の部隊」(鹿山正海軍通信隊長)が、6月26日の米軍上陸後にスパイ嫌疑で住民20人を殺害した。米兵に拉致された住民を「スパイ」と見なし、目隠しのまま銃剣で刺し、家に火をつけて焼き払うなどした。朝鮮人家族も犠牲になった。島には残置工作員が具志川村に上原敏雄、仲里村に深町尚親を名乗る2人(いずれも偽名)が小学校に配置されており、住民虐殺への関与が疑われている。

    6/22(土) 10:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000006-ryu-oki

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Jijico_29176_1

    届いたメール

    IMG_20190623_161409

    IMG_20190623_161427


    100615164156_0

    これスプラトゥーンか?

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    omedeto


    昨日、この記事のツイートが権利侵害で消されてんけど
    Screenshot_2019-06-21-23-48-21-1-1

    使った画像はこれ

    100615164156_0

    で、今日になってみたら

    Screenshot_2019-06-23-14-54-16-1

    アカウントそのものも凍結されたやで!

    そもそもTwitterには画像をアップロードしてなくて更新お知らせツイートのアドレスからTwitterの仕様で自動的に画像が表示されてるだけやのにな

    https://lumendatabase.org/notices/search?utf8=%E2%9C%93&term=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FJ35297898&sort_by=

    これによると誰かが任天堂になりすまして通報しまくってるようやな
    長いことやってるといろいろおもろいことあるもんやなぁ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    saitei

    1 :ちぃニャン :2019/06/21(金) 16:33:42.32 ID:9YllQOuUd.net 
    KAZUYA@kazuyahkd2 
    立憲民主党が「物価を上げる」アベノミクスへの対抗として「賃金を上げる」政策を重点的に打ち出した。5年で最低賃金を全国一律1300円にするという。 
    韓国は急激な最低賃金上昇で企業が雇用に消極的になり、失業者も増えている。立民は先例を示した韓国を無視して、日本を破滅させたいのか。 
    6月21日 12:38 
    いいね:3,184 
    リツイート:1,098
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1412091136432146-600x400

    1: おでん ★ 2019/06/19(水) 21:32:33.63 ID:wshw+ipr9
    中国では、臓器の強制的な摘出が
    「長年にわたり同国全土で行われており、その主な犠牲者になってきたのは恐らく気功集団「法輪功」の
    メンバーらだとする報告書を弁護士らから成る調査組織がこのたびまとめた。

    英首都ロンドンに拠点を置く「中国法廷」はこの報告書を、
    19日に概要がインターネット上で公開されるのに先立って報道関係者向けに公表。
    「臓器の強制摘出は今なお続いている」と結論付けている。

    調査組織は、「中国における政治犯らからの強制的な臓器摘出は、相当の期間にわたって行われ、
    相当な数の犠牲者を生んだことは、異論もなく、合理的疑いの余地なく確かだ」としている。

    その上で、
    「法輪功のメンバーらが臓器提供元の一つとなっており、しかも恐らくは主な提供元となっている」という見方を示している。

    さらに、臓器移植までの「待ち時間が極端に短い」ことや移植手術の回数を証拠として挙げ、
    「十分な数の適格なドナーがいるというのは不可能」と指摘している。

    中国当局は、政治犯からの強制的な臓器摘出の事実があるとの批判を繰り返し否定。
    政府報道官はこの報告書の公開に先立ち、「英国の人々がうわさによって誤解しないことを願う」との声明を出した。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3230764

    続きを読む

    このページのトップヘ