ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    2019年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    after-freedom-of-expression

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/08/01(木) 12:51:50.31 ID:aUE3uYoc0.net 
    pK0Zgcz (1)

    (いちからわかる!)あいちトリエンナーレ、きょうから始まるね 
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14122197.html

    5d43c4583b00004d00dae1bd

    (参考)
    百田尚樹 (@hyakutanaoki) 
    暴言、一時的に解除。 
    このクソボケ知事!! 
    ーーーーーーーーーーーーー 
    大村秀章 (@ohmura_hideaki) 
    ①夕方、明日開幕を迎える「あいちトリエンナーレ2019」のメイン会場である愛知芸術文化センターを視察しました。 
    内覧会にも関わらず、多くの来場者で賑わっていました。会期は10月14日(月)まで。多くの皆様に、愛知発の先端的な国際芸術祭を楽しんで頂きたいと思います。 

    ほんこん (@hong2010kong) 
    この知事は必ず後悔するでしょう。 
    残念な人 

    百田尚樹 (@hyakutanaoki) 
    芸術という看板を掲げれば、何をしてもいいのか!! 
    朝◯人や中◯人を八つ裂きにするオブジェを展示してもOKなのか。ちょっと考えたらわかるやろ! 
    芸術監督の津田大介よ。 

    百田尚樹 (@hyakutanaoki) 
    だいたい、なぜ津田大介みたいな教養も学識も知性も感じられない人が芸術監督なのか? 
    彼はこれまでに何か成し遂げた業績が1つでもあるのか? 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    image

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/07/30(火) 21:39:23.37 ID:NV0AQUbN0.net 
    http://oboega-01.blog.jp/ 

    事前告知などは一切無く、ガチで前触れなく唐突に更新が止まった模様。 
    このため、最新記事のコメント欄は憶測や陰謀論が溢れかえる状態となっている。コメント数は現時点で5800件に届く勢い。 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    content__top

    1: スタス ★ 2019/07/29(月) 19:53:47.05 ID:H+50yyFe9
    1人に54契約 「ゆるキャラ」高齢者に群がる郵便局員
    朝日新聞デジタル2019年7月27日09時00分
     「人生は、夢だらけ」。かんぽ生命がテレビCMで使ったキャッチコピーだ。郵便局の現場取材を進めると、こんな美しい言葉とほど遠い「隠語」を数多く耳にした。

     「ゆるキャラ」「半ぼけ」「甘い客」――。郵便局によって違うが、契約を結びやすい一人暮らしの高齢者に対し、こんな呼び方をする局員が一部いる。かんぽの新規契約者のほぼ半数は60代以上。高齢者を中心に、郵便局ブランドは絶大な信頼感がある。局員に頼まれると断れない顧客は多い。自らの預金通帳を警戒感なく局員に見せる人もいる。ノルマに追われ、販売実績を上げるため、高齢者頼みの契約に走る局員もいて、汚い隠語が定着したようだ。

     70代女性は昨年、被保険者が息子の養老保険をかんぽで契約した。同じ保険に加入済みで、7カ月間は保険料が二重払い。預金がわずかなのに、今年も500万円の養老保険を契約し、保険料を全額払い込んだ。

    不適切な保険販売が続々と明らかになるかんぽ生命。高齢者「狙い撃ち」ともとれる販売の実態に迫ります。情報やご意見を「かんぽ生命不正取材班」(keizai@asahi.com)にお寄せください。

     片耳が遠く補聴器を手放せない。近年は記憶や判断能力が衰えた。息子が保険のことを尋ねても、理解していない様子。契約に不審な点があったため、息子が問い合わせると郵便局員が7月上旬、やってきた。

     「(契約は)すべてお母様のご意向です。証書以外ないのもお母様の意向。全部捨てたいと言われてました」と言い張る局員の説明に、息子は不信感を高めた。契約当時、局員から連絡を受けたが、深く考えずに同意してしまっていた。「うかつだったが、母ちゃんがコツコツためたお金が食いものにされた」と憤る。

     かんぽが金融庁に報告した事案には耳を疑う事例もある。

     東北地方の90代女性が10年…

    https://www.asahi.com/articles/ASM7R4KFHM7RULFA021.html

    続きを読む

    このページのトップヘ