4101102_mv

参加者:辞書普及委員会

インターネットで調べものをするときにオンライン百科事典のWikipediaやその類似品を目にする人は多いと思います。
これらは項目によっては詳しくためになる記事もありますが、Wikipediaやその類似品は、不特定多数のネットユーザーたちによって作られている(基本的には誰でも内容を編集できる)という性質上、肝心の信頼性が低いという難点があります。
特に政治関係の記事では内容が偏っていたり、ある立場から見て都合の悪い情報がカットされていること等が多かったように思います。

一応言っておくと、Wikipediaの編集基準自体は良いものだと思います。しかし、誰でも編集できるというサービスの性質上、やはり恣意的な編集に対しては脆弱だと言わざるを得ません。

そんなわけで、私は事典サイトとしてはコトバンクを推奨したいと思います。

コトバンクは既存の辞書や百科事典からの引用で成り立っており、匿名のネットユーザーたちによって内容が書き換えられることもありません。なので、比較的信頼性が高いものだと思われます。
また項目によっては、複数の出典からの引用を見ることができ、多角的な視点もそなわっています。

もちろん、既存の辞書や事典なら必ず内容が全て正確だとは限りません。これらもやはり人間が書いたものですから偏りがあり得ますし、学問の世界で学問の発展と共に通説が変わり、結果的に前の説は間違いだったとみなされることもあります。しかし、こうしたことは学問そのものにつきもののことですから、それはよしとしましょう。こうした事典を有力な根拠としつつ、気になった点は自分でさらに詳しく調べていくと良いと思います。

引用元は複数ありますが、比較的よく出てくるのはブリタニカ百科事典、大辞林、日本大百科全書ニッポニカ、世界大百科事典、百科事典マイペディアが多いように思います。
これらの多くは元は紙の辞書で、内容の信頼性は高いものの、これら紙の辞書を全て揃えて何かあるたびに調べるというのは普通の人にはなかなか難しいでしょう。しかしコトバンクなら、スマホ1つでこれらをいつでも参照できます。アナログの良さと、デジタルの良さを兼ね備えたサービスだと思います。

コトバンクはアプリもあります。アプリだと気になる項目を集めて単語帳を作れますし、自分の閲覧履歴を見なおすこともできて便利です。
またアプリだと時々いま注目のキーワードが紹介されるので、時事ネタについての知見を深めることもできるでしょう。