ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    企画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    de60e1f3

    余命三億年時事日記ニキの出張講演会やで

    余命三億年時事日記

    http://yh300000000.blog.jp/

    初にお目にかかる者もおろう。
    私は余命が三億年しかなく、残された短い人生全てを日本国の誇りを守るため身命を賭すべく日々活動する者である。
    学のない人間はこう聞くと冗談を言ってるように感じるかもしれない。
    しかしインド思想の宇宙論では世界の寿命は約40億年である。これは仏教では「劫」というヒンドゥー教では「マハーユガ」という単位で表現されている。
    余命三億年、即ちこの世は終末期であり世界の倫理観は荒廃していっているのだ。

    このような時世だからこそ諸兄らのような愛國者が日本には必要なのだ。
    ハンJ一周年改めてお祝い申し上げるとしよう。
    終末期の邪念に心を乱された売国奴共はヘイト動画を投稿し、先人達が築き上げたこの愛すべき日本国の品位を貶め国民の知的水準を壊滅的なまでに下落させた。これを誅したハンJの民は紛れもない尊皇愛國の士である。自信を持たれるが良い。

    しかし世間ではまだ数多くの売国行為が横行しているのが現状だ。輩めは自らの邪念を隠すため偽の愛国の仮面を被って日本国のモラルを破壊せんと行動している。私腹を肥やすために愛国を騙り商売する者もいるだろうが、自尊心を満たすため己自身すら騙してしま自分こそが愛国者であると哀れにも思い込んでいる者も多いだろう。だが、本来の愛國とは心の臓に宿るモノだ。人間の私利私欲に使われるモノでは断じてない。
    愛国の熱き火が五臓六腑に燃え盛っていればそれを第三者に殊更アピールする必要などなかろう。
    現にBAN祭りに参加した諸君らは「愛国」を掲げなかった。しかしその魂は愛国心に満ちてるのは言うまでもない。

    先が短い私とは違い、諸君らは人生が長い。揺れ動くこともあるだろう。しかし忘れるなかれ、本当の愛國は形ではなく心に存在する。揺ぎ無き信念があれば道を踏み外さぬはずだ。
    御一同、ご健勝あれ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ヤフーでググるにはどうしたらいいですか?

    注:画像は記事内容と関係ありません。 続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hqdefault

    スペシャルインタビュー 桑原一馬ニキ(脱「愛国カルト」のススメ管理人) <前編><後編>
    http://blog.livedoor.jp/nanyade/archives/17908435.html
    http://blog.livedoor.jp/nanyade/archives/17910343.html

    エキニキとは・・・
    「エキスパート兄貴」の略で、日本では2018年7月現在で3人のみが認定されているGoogleエキスパートのこと。(ハンJwikiより)

    YouTube動画レポートの現況(エキニキブログ)
    https://note.mu/noryskywalker/m/m0aa6b047aaa5
    エキニキYouTubeアカウント
    https://www.youtube.com/user/cybernory
    インタビュー協力:捕手速報ニキ
    http://hoshusokuhou.blog.jp/
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    hanjp0426 (1)
    (タイムテーブルから大幅に遅れています。すまんな)

    ※ネトウヨ大百科のポッター会長ニキが提供してくれた考察記事やで

    ネトウヨ大百科

    http://blog.livedoor.jp/ntuy_hyakka/


    ある時、ハンJ速報の管理人さんから「ハングル板入植1周年イベントをやるので、反ネトウヨ系まとめサイトについての考察を記事として提供してくれないか」というオファーをいただいた。

    最初に言ってしまうと私はまとめサイトというもの自体がそんなに好きではなく、それが政治系であろうとゲーム系であろうとほとんど見ないため、すぐにはテーマが思いつかなかった。

    まとめサイトというと保守系が強く、大手クラス(アノニマスポスト、保守速報、もえるあじあ等)ともなれば、それを本業として生活していけるレベルである。最近少しずつリベサヨ系も増えてきたが存在感はまだまだ薄い。そういう中で、ハンJ速報はリベサヨ系を牽引する存在だと言える。

    まとめサイトは保守系が圧倒的に有利な中、リベサヨ系はこれに対抗していけるのかを考えたいと思う。


     

    まとめサイトを見る目的は、「情報収集」というよりも「娯楽」という側面の方が強いと思うが、まとめサイトを侮ってはいけない。中高生、中年、そして高齢者をもネトウヨにさせてきたのは“まとめサイト”の存在が大きいのだ。

    ここでまとめサイトにおける2つのリスクを指摘しておきたい。


    ・まとめサイトが引用する記事は、アクセス数が稼げるという観点で選ばれており情報に偏りが生じること
    ・ネットユーザーの反応を目にすることで、それが一般的な反応であると錯覚してしまうこと


    例えば保守系まとめサイトは韓国ネタが多いが、その中でも韓国(人)を叩きやすい、侮蔑しやすい記事が引用される。その方がアクセスは稼げるからだ。間違っても「韓国(人)が日本に対してこんなに良いことをやっています」なんて記事は引用されない。そして引用する記事には当然ながら嫌韓コメントがたくさんついているので、それを見て「やっぱりみんなそう思っているのだ」「これが普通の反応だ」と受け取ってしまい、どんどんネトウヨ化していく。


     但し、これに関してはリベサヨ系も同じで、「韓国」の代わりに「ネトウヨ」を叩きやすい、侮蔑しやすい記事(ネトウヨやらかし系)を引用している。ネトウヨが「韓国」を叩くことで気持ちよくなっているのと同じように、ネトサヨも「ネトウヨ」を叩くことで気持ちよくなっている。

    保守系サイトの方が差別的な内容が多く、大量に拡散されるので問題視されるだけで構造的には大差ない。

    そういう意味で、リベサヨ系のまとめサイトは保守系的まとめサイトの二番煎じ的な部分があり、この方向性でいくならばやはり「保守系」に軍配が上がってしまう。


    冒頭に自分はまとめサイトがあまり好きではないと言ったが、上手く利用すればリベサヨ界隈を盛り上げるキッカケにはなり得ると思っている。


    私が今注目すべきだと思うのは「ゆとり世代/さとり世代」である。「冷笑系」という言葉をネトサヨさんはよく用いるのだが、この世代にはまさに冷笑文化が根付いている。

    といっても冷笑系と言われる人は別に「冷笑」しているつもりはないのだと思うが、その少し冷めたようなスタンスが上から目線だと思われてしまうのかもしれない(政治クラスタはアツすぎるので相対的に冷めているように見えるという可能性も)。


     ゆとり世代/さとり世代は現実主義で、効率主義。失われた20年に育った世代であるため不景気しか知らず、政治に過度な期待を抱かない。それゆえ、どちらかといえば内政を少し自虐的に見る(冷笑する)方向性の方が好まれると思う。

    但し、自虐的と言っても「消費税20%まで上がるってマジ?」「年金もらえないってマジ?」くらいのネタであれば良いのだが、嫌儲の「中世ジャップランド」みたいなノリは合わないし、明らかな「日本下げ」には拒否感を示すということだ。

    (ちなみに本記事を書くにあたっていろいろリベサヨ系のまとめサイトを覗いてみたのだが、「リベラルまとめ@5ch」の方向性がイメージに近かった。)

    また、彼らは人権問題や歴史問題については関心が低い。彼らは効率主義なので自分に関係のないものには関心を示さないし労力も費やさない。しかし、彼らが育ってきた環境の中では多様性というのはごく当たり前のものであって、外国人や異文化は違和感なく受け入れるし、国際競争をするのは当然だと思っているので、本当の意味でのリベラルには親和性がものすごく高いはずなのだ。


    「冷笑」というだけでネトサヨさんは拒否感が出てくるかもしれないが、このゆとり世代/さとり世代が興味を示すまとめサイトを作ることができれば、保守系まとめサイトに拮抗できるのではないかと思う。

    今後のリベサヨ系まとめサイトに期待したい

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※捕手速報ニキとのコラボ記事やで

    転載元

    satozakitomoya

    1: 風吹けば名無し 2019/04/12(金) 17:33:57.51 ID:tRyuLt4+0 (1/3回レス) []
    源田ですら交際だけで公表するのに
    続きを読む

    このページのトップヘ