ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    軍事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    投稿者:発掘所


    パトリオット

    画像引用元:航空自衛隊 主要装備

    1安倍晋三🏺 (中止 MM07-k3Ut)2023/12/24(日) 05:59:11.50ID:EtzlMY55MEVE?2BP(1000)
    「殺傷能力ある武器」輸出解禁、自衛隊「パトリオット」を早速アメリカに 国会で議論ないまま「三原則」改定


    30安倍晋三🏺 (中止 MM07-k3Ut)2023/12/24(日) 05:59:29.90ID:EtzlMY55MEVE?2BP(1000)
    政府は22日、武器輸出ルールを定めた「防衛装備移転三原則」と運用指針を改定した。三原則本体の改定は約10年ぶり。武器輸出政策を大幅に転換し、ミサイルや弾薬など殺傷能力のある武器輸出の解禁に踏み切った。国際紛争を助長する懸念は否定できないが、三原則は閣議で、運用指針は国家安全保障会議(NSC)で決定され、国会での議論はなかった。(川田篤志)

     防衛装備移転三原則 日本は1970年代に武器の原則禁輸を定めた武器輸出三原則を確立。安倍政権下の2014年に策定した防衛装備移転三原則で一部容認するルールに転換したが、国際共同開発品を除き殺傷武器の輸出は禁じてきた。2022年末に閣議決定された安全保障関連3文書が「防衛装備移転の推進」を掲げたのを受け、自民、公明両党の実務者が原則非公開の協議を経て、12月13日にルール緩和の提言をまとめた。


    まとめ補足:その他ソース
    日本、アメリカにパトリオット・ミサイル輸出へ 「防衛装備移転三原則」を改定(BBCニュース)

    今回の改正は、アメリカがウクライナ支援のために送っている弾薬としてのパトリオットミサイルの備蓄を増やすためのものだそうである。戦争当事者への武器輸出は禁じられているが、アメリカを仲介してウクライナへも渡すことができるという形である
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    投稿者:発掘所

    【岸田悲報】維新馬場はん、終戦記念に当たりとんでもない談話を発表してしまう😨バチーン!

    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (JPW 0Ha6-C/RL)2023/08/15(火) 18:11:37.61ID:AcrlBiBwH●?2BP(1000)
    19450815

    【戦没者を追悼し平和を祈念する日】にあたって

    戦没者を追悼し平和を祈念する日に際し、先の大戦で亡くなった方々はじめ祖国のために殉じた約310万人の全ての戦没者に哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

    終戦から78年。この間、わが国は多くの人々の不断の努力により、平和と安寧の恩恵に浴してきました。しかし世界に目を向ければ、冷戦後の国際秩序を大きく揺るがすロシアのウクライナ侵略は1年半にならんとしています。また、中国は南・東シナ海で力による現状変更を企図する動きを強め、北朝鮮も核・ミサイル開発に突き進むなど、我が国および世界を取り巻く安全保障環境は日に日に厳しさを増しています。

    日本国憲法は施行から76 年を経ましたが、事実上の丸腰のまま戦争放棄、平和主義を独善的に唱えているだけでは、他国の侵攻への野心を打ち砕けない時代に入りました。日本は自国の平和を享受するだけでなく、地域および世界の平和と安定に積極的に寄与すべきです。

    将来世代を二度と戦争の戦禍に遭わせてはなりません。そのために戦争の悲惨さと平和の尊さを後世に脈々と伝えてゆくと同時に、他国に侵攻を思い止まらせる抑止力の確保、すなわち我が国の主権と国民を守り抜くための積極防衛力を抜本的に強化、整備することは、私たちの喫緊かつ重大な責務、使命です。

    日本維新の会はウクライナ危機以降、幾多の苦難に見舞われている同国民に物心両面で支援を行うとともに、この1カ月の間には党代表団が米国、台湾を訪問して双方の要人らと対話を重ね、世界の平和に向けての協力を確認しました。

    引き続き、自由、民主主義、人権尊重、法の支配といった普遍的価値観を共有する国・地域と力を合わせ、現実に即した外交・安全保障政策を推し進め、世界平和の実現、維持に力を注いでまいります。憲法改正や防衛力の強化などについても、国民の声に真摯に耳を傾けながら、国会での議論をリードしていく決意です。

    令和 5 年 8 月 15 日 日本維新の会 代表 馬場 伸幸
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    みょうじん

    投稿者:発掘所


    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW 933c-JLUM)2023/08/03(木) 18:30:46.50ID:DVB/b5gw0●?2BP(1000)

    大量退校、玉砕美談…防衛大で今何が起きているか 教授が実名告発

    宮本徹 @miyamototooru
    〈竹田恒泰氏の講演を聞かされ、感想文の提出を求められた教え子は、竹田氏の言ったことのどこが間違いかを列挙して提出した。後で教官に「失礼だ。書き直せ」と命じられたそうです。〉
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【朗報】税金、取りすぎて2兆6000億余る🤗岸田「よっしゃ半分は国債返還、半分は防衛費に回す🤓」頼れるね!

    投稿者:発掘所

    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (JPW 0H27-vm+t)2023/07/04(火) 09:47:17.20ID:KsZEJVVxH●?2BP(1000)
    昨年度の税収71兆円で過去最高 剰余金の半分は防衛力強化に


    2番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (JPW 0H27-vm+t)2023/07/04(火) 09:47:33.25ID:KsZEJVVxH?2BP(0)
    昨年度 令和4年度の国の税収は初めて70兆円を超えて3年連続で過去最高を更新しました。一方、2兆6000億円あまりと過去2番目の規模の決算剰余金を計上し、この半分が防衛力強化の財源に活用される見込みです。

    財務省が3日に発表した昨年度の一般会計の決算で、税収は71兆1374億円となりました。前の年度よりも4兆995億円増えて、3年連続で過去最高を更新し初めて70兆円を超えました。

    このうち法人税収は、好調な企業業績を背景に前の年度より1兆2970億円増えたほか、所得税収も1兆1395億円増えました。

    また、消費税収は個人消費が堅調だったことに加えて、物価の上昇も反映して1兆1907億円の増収となりました。税収が増えたことで、新規の国債発行額は昨年度の第2次補正予算の段階での見込みよりも、12兆円抑えられました。

    一方歳出は、新型コロナや物価対応の予備費などで支出の必要がない「不用」が11兆3084億円と過去最大となりました。その結果、決算剰余金は過去2番目に大きい2兆6294億円となりました。剰余金の少なくとも半分は、法律の規定に基づいて国債の償還にあてられた上で、残りは防衛力強化のための財源として活用される見込みです。
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ぼうえいひ

    投稿者:発掘所

    【悲報】防衛増税「支持しない」80%・・ふざけるな岸田の声
    【悲報】岸田さん肝煎りの防衛増税、国民の80%が「支持しない」コイツら愛国心ってもんがないのか?

    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW b21b-rS7Y)2023/05/07(日) 06:58:34.65ID:3jPFM2Cf0●?2BP(2000)
    防衛増税80%支持せず 経費43兆円、不適切58%

    10番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW b21b-rS7Y)2023/05/07(日) 06:59:07.45ID:3jPFM2Cf0?2BP(1000)
    1それでも動く名無し2023/05/07(日) 11:56:03.09ID:E2SesuIo0
    共同通信社は6日、安全保障に関する全国郵送世論調査の結果をまとめた。岸田文雄首相が表明した防衛力強化のための増税方針について「支持する」は19%で「支持しない」が80%を占めた。2023年度から5年間の防衛費を従来の1.5倍超の43兆円に増やす方針は「適切ではない」が58%。中国が台湾に軍事行動を起こし有事となる可能性を「大いに懸念する」「ある程度懸念する」が計89%に上った。
    税社保の国民負担47.5%に 「江戸時代の年貢率」に首相反論 4月
     他国領域のミサイル基地などを破壊する反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有は賛成が61%で、反対は36%。これらの結果からは、安保環境の厳しさから一定の防衛力強化はやむを得ないが、大幅な防衛費増額や増税までは望まないとの心理がうかがえる。防衛力を巡る首相の説明は「十分ではない」が88%に達した。
     増税を支持しない人に理由を聞くと「今以上の税負担に国民が耐えられない」が48%で最多。東日本大震災復興財源の一部を防衛費に転用する方針は反対が73%だった。

    続きを読む

    このページのトップヘ