ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    アイヌ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    d7676-1063-545682-1

    〔関連記事リンク〕



    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイW ff50-LsoF):2020/02/08(土) 10:36:25  ID:EIX3jp8v0.net
    【ch桜北海道】さっぽろ雪まつり、アイヌの祭りに!?


    本間奈々
    @nana0504
    純粋な祭りであるはずの、雪まつりも政治色が強すぎますね。これでは純粋に楽しめない。

    @a96e6e120b524fa
    昨日、HARDROCK主催のLIVEに行きましたが、前座にアイヌの女性4人のコーラスグループが1時間近くアイヌの歌歌ってました ズブズブですね

    @o4NZt9AjWh6Pn5q
    ファイターズのユニフォームにまでアイヌ文様だそうです。調子に乗り過ぎです
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ai

    〔関連記事リンク〕


    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アークセー Sxd1-ni3S):2020/01/18(土) 10:53:18  ID:gVm3Wk5Ex.net
    EOgyBnGUYAAxHUi
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Dg7hC0XUEAELqhH

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/12/10(火) 23:13:41.94 ID:BQnTsYOYM●.net 
    QEVrzGS


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    いおいおいjhh

     「なんとか村長さんのお助けによって御料から食ふたけの土地を拝借できるように願ひます」。1925年、北海道新冠(にいかっぷ)村(現在の新冠町)に住むアイヌ民族50人が当時の村長に宛てた嘆願書だ

    ▼人々は新冠御料(天皇直轄地)の場長に命じられ、何度も移住を強いられた。未開地で過酷な開墾を繰り返すうちに集落の70戸は5~6戸にまで減った。自分たちが住んでいて追い出された土地を、食べていくため「拝借」したいと懇願している
    ▼嘆願書は平取(びらとり)アイヌ協会の木村二三夫副会長が「北方領土の日」に反対するシンポジウムで紹介した。強制移住させられたアイヌの中に木村さんの父もいた
    ▼木村さんは「日本人はアイヌモシリ(北海道)を略奪し、文化や言語、人権、尊厳を奪った。力による同化政策は今も続いている」と指摘する
    ▼日ロ両政府は北方4島を巡る領土交渉を続けている。「日本固有の領土」と主張する根拠に、千島列島にアイヌ民族が居住していたことも挙げられる。一方でロシアのプーチン大統領は昨年12月、アイヌ民族をロシアの先住民族とする考えを示した
    ▼「(北方4島の)先住民族が日本人やロシア人ではなくアイヌなのは歴然たる事実だ」と木村さん。国策によって土地を奪われ、民族浄化に等しい差別待遇で極貧に追いやられたアイヌ民族の声が領土交渉に反映される日は来ていない。
    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-875575.html

    (参考)
    ウヨさんが最近よく持ち出して叩きの根拠にしてる10年前の記事

    先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請

    ◆呼びかけ人◆
    金  時鐘 (詩 人)    
    佐高  信 (週刊金曜日編集委員)
    辛  淑玉 (人材育成コンサルタント) 
    田中 優子 (週刊金曜日編集委員)
    中山 千夏 (作 家)
    朴  慶南 (エッセイスト)
    針生 一郎 (丸木美術館館長)
    藤崎 良三 (全労協 議長)
    丸山未来子 (おんな組事務局)

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    DH000026

    1: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 14:40:57.39 ID:RTvQxdkla
    2Nj3WMP

    (参考)
    53 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/01/20(日) 13:05:45.93 ID:lyvZ06oz0.net
    B4glhpU

    ASoo01b

    4B17dU6
    続きを読む

    このページのトップヘ