ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    戦争

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    YOSHINOYAAMA

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/08/31(土) 19:06:03.19 ID:wA87OrJ1a●.net 
     
    野球U18代表「国旗配慮」に韓国民はどう反応したか? 日本メディアの嫌韓扇動が導くもの 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00200517-hbolz-int 

    小笠原理恵@riekabot 
    日本国は米軍のB29に焼け野原にされたが「星条旗」に文句言ったことなんか一回もないから。 
    良識ある日本国と韓国の差ですねー。まったく。 

    小笠原理恵@riekabot 
    日刊SPA!で隔週土曜日に「自衛隊ができないこと」を連載中。雑誌正論にも寄稿。WILL3月号に「新防衛大綱でみえる 自衛隊の実力と限界」を寄稿。自衛官守る会の代表。書道・墨画・ペン字教授。雅号・静苑 
    1,150 フォロー中 
    5,345 フォロワー 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    image_154204

    1: マンセー名無しさん 2019/02/16(土) 16:41:01.39 ID:GENeSck5
    「乙未戦争」
    下関条約の後、台湾を支配しようとした日本軍に対して
    台湾民衆が正義のため立ち上がって清国残兵も加わり戦闘状態に。
    日本軍は多数の台湾人を虐殺した

    「義兵闘争」
    第3次日韓協約により大韓帝国軍が解散になるが
    軍はそれに従わず日本軍と戦闘状態に。
    併合後も中国に場所を移して何年も戦ってた

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    perl4

    1: 風吹けば名無し 2019/08/26(月) 17:13:47.88 ID:QhJ7w8wFa
    勝ったな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    pearlharbor2

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/08/26(月) 14:42:37.23 ID:bHh0S6470.net
    武田砂鉄 (@takedasatetsu) 
    こんなものが出るのか。内容はまだ不明だが、どんな内容であろうとも、つけてはいけないタイトルだと思う。 
    mnRMBOu
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_ec62b263fdeb981ecdd98a7409ab2166134961

    関連記事リンク



    1 :
    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/08/23(金) 21:42:44.46 ID:QgevYKr40.net
    GSOMIA破棄 自民・石破氏「日本が戦争責任と向き合わなかったことが問題の根底」 

    自民党の石破茂元幹事長は23日付の自身のブログで、韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて、 
    「日韓関係は問題解決の見込みの立たない状態に陥った。 
    わが国が敗戦後、戦争責任と正面から向き合ってこなかったことが多くの問題の根底にあり、さまざまな形で表面化している」と分析した。 

    https://www.sankei.com/politics/news/190823/plt1908230033-n1.html

    日韓GSOMIA、訪印など

     石破 茂 です。
     韓国政府によるGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄により、日韓関係は問題解決の見込みの全く立たない状態に陥ってしまいましたが、日本にも、韓国にも、「このままでよいはずがない、何とか解決して、かつての小渕恵三総理・金大中大統領時代のような良好な関係を取り戻したい」と思っている人は少なからずいるはずです。
     防衛庁長官在任中、アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)でシンガポールを訪問し、リ・クアンユー首相(当時)と会談した際、親日家の同首相は日星安全保障協力の重要性について語った後、私に「ところで貴大臣は日本がシンガポールを占領した時のことをどれほど知っているか」と尋ねました。歴史の教科書程度の知識しか持っていなかった私に対し、同首相は少し悲しそうな表情で「更に学んでもらいたい」と述べました。意外に思うとともに、自分の不勉強を恥じたことでした。
     毎年8月8日、シンガポールのマレーシアからの独立(1965年)を祝う独立記念日になると「許そう、しかし忘れない(Forgive, but never forget)」という同首相の言葉が多くメディアに登場するそうです。この言葉は、第二次大戦後に東欧諸国がドイツと和解する際にも用いられたと聞いていますが、国や民族同士の和解には膨大な時間と労力がかかるものです。
     シンガポールと韓国とは歴史も、民族性も、宗教観も全く異なるので同一に論じることは勿論出来ませんが、日本と朝鮮半島の歴史、特に明治維新後の両国関係を学ぶことの必要性を強く感じています。日韓関係については、前回ご紹介した碩学、故小室直樹博士の「韓国の悲劇」が最も読みやすく、戦争を知っている世代の韓国論としては、「月刊日本」9月号の西原春夫元早大総長の論考も示唆に富むものでした。

     我が国が敗戦後、戦争責任と正面から向き合ってこなかったことが多くの問題の根底にあり、それが今日様々な形で表面化しているように思われます。これは国体の護持と密接不可分であったため、諸般の事情をすべて呑み込んだ形で戦後日本は歩んできたのですし、多くの成功も収めましたが、ニュルンベルグ裁判とは別に戦争責任を自らの手で明らかにしたドイツとの違いは認識しなくてはならないと考えます(政府自体がヒトラーの自決によって不存在となったドイツとは当然異なることも考慮した上で、です)。17日にNHKで放映された「拝謁記」における昭和天皇様と田島道治初代宮内庁長官とのやり取りを、畏れ多くも複雑な感慨を持って視たことでした。

    続きを読む

    このページのトップヘ