ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    新型コロナウイルス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    片山さつき

    投稿者:発掘所



    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW ae3c-tyUh)2022/01/05(水) 16:42:44.73ID:thIVmWTg0●?2BP(2000)
    片山さつき1
    片山さつき2
    2番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW ae3c-tyUh)2022/01/05(水) 16:42:55.11ID:thIVmWTg0?2BP(1000)

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    咳エチケット

    【訃報】インフルエンザ、ほぼ絶滅状態

    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (スフッ Sd43-Ysl+)2021/11/15(月) 20:02:59.66ID:VAV9Gx6Nd?PLT(16151)
    インフルエンザ報告数 11月に入ってもまだ極端に少なく 2021年11月13日14:24
    日直主任 日本気象協会 本社日直主任
    厚生労働省によりますと、44週(11月1日~11月7日)のインフルエンザ報告数は昨年同時期と同様に極端に少なくなっています。

    厚生労働省が11月12日に発表した「インフルエンザの発生状況」によりますと、44週(令和3年11月1日~11月7日)のインフルエンザの指定医療機関の報告数は「23」でした。
    43週(令和3年10月25日~10月31日)の「20」とあまり変化はなく、昨年同時期の総数「32」と同様に、極端に少なくなっています。
    なお、一昨年の同時期の総数は「4,682」でした。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    テレワーク


    1風吹けば名無し2021/11/08(月) 20:45:04.52
    ※朝日新聞
    テレワークなどで出勤者7割減「見直すべき」 経団連が政府に提言


    伊藤弘毅  2021/11/8 19:13
    経団連は8日、政府が新型コロナ感染拡大対策として呼びかけてきたテレワークなどによる「出勤者数の7割削減」について、「科学的な知見」を踏まえ、なくしていく方向で見直すべきだとする提言を出した

    同日発表した政府の感染拡大防止策への提言のなかで触れた。提言は十倉雅和会長が就任した6月以降、4回目。十倉氏は記者会見で、出勤者数の抑制について「一律だと、いろんなところで経済活動を妨げる」として、経済的な悪影響も大きいと指摘。ただし、テレワーク自体は「やってみて非常によかった、という意見もかなりある」と述べ、多様な働き方を認める観点から続けるべきだとした。

     政府は職場でのクラスター発生などを防ぐ策のひとつとして「7割削減」を呼びかけてきた。首都圏などに政府の緊急事態宣言が出されていた今年8月には、菅義偉前首相が自ら経済団体を訪問し、達成に向けた協力を要請していた
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    〇次請け


    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です2021/11/05(金) 14:11:00.07?PLT(13347)
    中小企業や個人事業主に総額5兆5000億円が支払われた持続化給付金では、中小企業庁から668億円で委託を受けた一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」が、641億円で電通に再委託していた。
    再委託は最大9次請まで繰り返され、延べ723社が参加したという。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    吉村ワクチン

    【悲報】大阪ワクチン、期待する効果を得られないことを発表【アンジェス】

    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (スップ Sdb2-jOFA)2021/11/05(金) 15:11:58.78ID:0AtrkLTyd?2BP(1000)
    新型コロナウイルス DNA ワクチン:第 1/2 相臨床試験及び第 2/3 相臨床試験の結果について

     新型コロナウイルス DNA ワクチンについて、2020 年より実施しておりました一連の臨床試験の結果に つきまして、以下に御報告いたします。それぞれの臨床試験において、安全性を確認しましたが、有効 性として、細胞性免疫の上昇をある程度確認できたものの、主要指標である液性免疫において、期待す る効果を得ることはできませんでした。

     今後、より有効性を高めるための取り組みとして、既に 2021 年 8 月に開始している高用量製剤での臨床試験に注力してまいります。

    【新型コロナウイルス DNA ワクチン製剤の第 1/2 相臨床試験1概要】
    概要: 健康成人志願者を対象とした、筋肉内接種における治験薬の安全性及び免疫原性の評価、非盲検、非対照試験
    目標症例数:30例
    投与方法:筋肉内接種
    結果: 安全性に問題はありませんでした。有効性として液性免疫の誘導は一部の被験者で認めたもの の期待する効果を得ることはできず、以降の開発は改良製剤を用いて進めることとしました。

    【新型コロナウイルス DNA ワクチン製剤の第 1/2 相臨床試験2概要】
    概要: 健康成人志願者を対象とした、筋肉内接種における治験薬の安全性及び免疫原性の評価、非盲検、非対照試験
    目標症例数:30例
    投与方法:筋肉内接種
    結果: 安全性に問題はありませんでした。有効性としての細胞性免疫はある程度の上昇を確認しました が、液性免疫の誘導は一部の被験者で認めたものの、より多い症例数で確認する必要があると判断しま した。

    【新型コロナウイルス DNA ワクチン製剤の第 2/3 相臨床試験概要】
    概要: 健康成人志願者を対象とした、筋肉内接種における治験薬の安全性及び免疫原性の評価、無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験
    目標症例数:500 例
    投与方法:筋肉内接種
    結果: 安全性に問題はありませんでした。有効性としての細胞性免疫はある程度の上昇を確認しましたが、液性免疫の誘導は一部の被験者で認めたものの、期待する効果を得ることができず、さら に有効性を高める必要があることを確認いたしました。
    有効性を高めるために、下記の高用量製剤を用いた第 1/2 相臨床試験を 2021 年 8 月に開始しており、 今後は高用量製剤の開発に注力してまいります。

    続きを読む

    このページのトップヘ