ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    環境問題

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    norimono_gomisyusyusya_man
    投稿者:発掘所

    ゴミ清掃員「ゴミは嘘をつかない。本麒麟が売れてるのも、ココナッツオイルが飽きられたのも、ゴミを見ていれば全部わかる」

    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ブーイモ MMe6-86ss)2022/10/27(木) 08:23:05.38ID:7Hz92RnCM●?2BP(2000
    可燃ゴミを掴んだ途端に血が吹き出て…「触るなーーっ」日本で一番有名なゴミ清掃員が語る、人間性を疑う“けしからんゴミ”
    マシンガンズ滝沢秀一さんインタビュー#2
    ――ゴミ置き場が汚い会社が潰れるというのは、ゴミに民度や社風が出るということですか。
    滝沢 使っていないものはゴミとして出てこない。「出口」は嘘をつきません。「本麒麟」が本当に売れていることも、ココナッツオイルが飽きられたことも、日々ゴミを見ていると全部わかるんですよ。
    ――お金持ちほどモノに溢れた生活をしていそうですが、ゴミは多くないと。
    滝沢 はい。一般的な住宅のほうが、ゴミの量は圧倒的に多いです。ファストファッションや100均の影響もあって、みんなバンバン買ってバンバン捨てるんですよ。緊急事態宣言期間中は100均のプラスチックカゴを死ぬほど回収しました。あとは梅酒の瓶。日本人は梅酒の自作を禁じられたのかと思うほどの量でしたね。
    ――プラスチックカゴも梅酒の瓶も、買ったはいいけど結局ほとんど使わずホコリをかぶっていそうなものですね。
    滝沢 金持ちのゴミが少ないのは、本当に欲しいモノしか買わないからじゃないかと思いました。高級住宅地からは大量の缶チューハイも出てこないし、爪切り7つとかも出てこない。「安さ」でモノを買わないし、たぶん室内が整理整頓されているから、無駄な買い物もない。で、その傾向はバブルのときも今も変わっていないんです。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20201018-00000018-ann-000-3-thumb

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2020/10/18(日) 19:52:06.13 ID:Eb74W8fvr.net
    吸えば即死の「酸欠空気」が外環道工事現場から発生。事業者は住民に説明せず工事を強行
    https://hbol.jp/222963?display=b
    3 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2020/10/18(日) 19:52:43.60 ID:Eb74W8fvr.net
     5月27日、東京都の住民13人が原告となり、建設中の地下高速道路「東京外郭環状道路」(以下、外環)の工事差し止めを求める仮処分申請を東京地裁に起こした。

     その理由は、「一息吸えば即死するほどの酸欠空気(酸素濃度の低い空気)が、地下の掘削現場から湧き上がっている」からだという。事業者側は「周辺環境に影響はない」として、住民説明会も開催しようとせずに工事を続行している。「酸欠空気の発生」とは、いったい何が起きたのだろうか?

     空気中の酸素濃度は約21%。例えば、これが6%以下なら人は即死する。そんな酸欠空気が2019年5月から今年3月までに、東京都世田谷区や調布市を流れる野川や白子川といった川でポコポコと湧いているという。
    4 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2020/10/18(日) 19:52:59.01 ID:Eb74W8fvr.net
    東京都の世田谷区と練馬区を約16kmの地下トンネルで結ぶ外環道の工事では、「シールドマシン」という巨大掘削機を使用する。そこでは、その切羽(カッター)からシェービングクリーム状の気泡薬剤を土中に注入しての「気泡シールド工法」という掘削を行うことがある。この工法には土壌との摩擦を軽減し、作業後も土が切羽にこびりつかないなどのメリットがある。

     だが、掘った土はトンネル外に搬出されても、シールドマシンが回収できない気泡は地下の土壌を巡り巡って地上に出る。今回の工事は川に沿って行われたことで、その酸欠空気の発生が川で発覚したのだ。
    6 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2020/10/18(日) 19:53:24.19 ID:Eb74W8fvr.net
    「大深度」ならば地主との交渉も補償も不要!?

     外環は、首都圏(東京、埼玉、千葉)を環状に貫く高速道路。東京都練馬区の大泉インターチェンジから世田谷区にある東名高速道路までをつなぐ約16kmの区間は、長らくの住民の反対運動のために未着工だった。2003年に、当時の扇千景国土交通大臣が「未着工部分は大深度でやる」と表明した。

     大深度とは大ざっぱに言えば、概ね地下40m以深の地下のこと。「大深度法」という法律により、大深度での地下開発行為には、地上の地主との「交渉不要」で「補償も不要」とされている。それは、「大深度なら地上に環境的な影響は及ぼさない」という考えが前提になっている。

     もっとも地下40m以深とはいえ、振動や騒音、地盤沈下、地下水脈の断絶などを心配する住民は一定数存在し、実際に10を超える市民団体が外環計画に反対している。

     だが、その反対運動をよそに、2017年2月から掘削が着手された。すると翌2018年5月14日、川に異変が現れた。東名高速道路近くの野川で、ジェットバスかと思うような気泡が川底から湧いたのだ。

     ところが、事業者(国土交通省、NEXCO東日本、NEXCO中日本)は、住民にこの事実を知らせることなく、ウェブサイト「東京外環プロジェクト」で、6月22日に「気泡は、地下のトンネル工事の掘削箇所から、シールド工事で用いる空気のごく一部が地中から地上に漏出しているものです。(中略)地域の皆さまにご迷惑をおかけするような影響はないと考えております」と記述しただけだった。
    7 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2020/10/18(日) 19:53:59.24 ID:ZZV/bdmI0.net
    へー
    酸素低い空気て吸うとしぬんだ
    85 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2020/10/18(日) 20:29:17.57 ID:ucorh6t70.net
    >>7
    危険な勘違いは息を止めても1分くらいは我慢できるから、酸素不足の気体を吸っても1分くらいは平気だろうなんていう考え方。酸素不足の気体を一呼吸すると、それだけで人間はバタンと倒れてしまう。

      21%…空気中の酸素濃度
      18%…安全の限界
      16%…呼吸・脈拍の増加、頭痛、吐き気
      12%…めまい、吐き気
      10%…顔面蒼白、意識不明、嘔吐
      8%…失神、7~8分以内に死亡
      6%…瞬時に昏倒、呼吸停止、けいれん 6分で死亡
    152 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2020/10/19(月) 16:31:03.63 ID:4QSSSIpRM.net
    >>7
    バキ読んでねえのかよ!
    o0736087014390769616

    o0668108014390769626
    8 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2020/10/18(日) 19:54:10.13 ID:Eb74W8fvr.net
    事業者はウェブサイトだけで「酸素濃度は1.5~6.4%」と公表

     これに驚いた外環計画に反対する市民団体のひとつ「外環ネット」は、事業者に工事の中止と住民への説明を求めた。しかし事業者は住民にも自治体にも説明することなく、8月24日、またもウェブサイトだけで、その気泡の酸素濃度がわずか1.5~6.4%しかないということを公表した。

     外環計画に反対する市民の有志は、2017年12月に、「補償も交渉も不要」とした大深度法の違憲性を訴える裁判――「東京外環道大深度地下使用認可無効確認等請求事件」――を起こした。その裁判を支援する「東京外環道訴訟を支える会」の籠谷清さんは、この低すぎる酸素濃度に衝撃を受けた。

    「これは、一息吸えば即死するレベルの酸欠濃度です。数mも離れれば空気で希釈されるのは事実としても、問題はほかにいくつもあります。一つが、事業者は掘削開始前の2017年2月の『シールドトンネル工事の説明会』で、「大深度の工事だから地表には影響がない」と明言していたのに、それが崩れたこと。
    続きを読む

    このページのトップヘ