ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    産経

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    shinsyakaijin_run2
    1: 風吹けば名無し 2019/02/20(水) 16:51:33.18 ID:gAkk9oKA0
    朝日72
    毎日61
    読売80
    日経52
    産経2
    共同55
    Z6nK8kl

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    suto-ka
    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/02/16(土) 01:10:25.57 ID:gIC809z60.net 
     たとえば今年のゲンダイの一面を振り返ってみると、「安倍白旗」「安倍GDPも偽装発覚」「安倍神宣言」など、 
    やはり首相に関する一面が多い。ちなみに「安倍神宣言」とは例の森羅万象発言のことである。 
     では夕刊フジはどうか? 実は昨年末から同じテーマの一面が続いていたのだ。それは、 
    「韓国」である。 
     あの「レーダー照射」以降、ずーっと韓国に関する記事が一面だったのである。 
     まず12月22日(※紙面は翌日付。以下同)の「レーダー“攻撃” 官邸激怒 韓国を敵国認定必至」からはじまって、 
    「レーダー照射韓国逆ギレ自滅」(12月25日) 
    「韓国レーダー照射決定的証拠」(12月26日) 
    「レーダー照射米軍韓国に警告」(12月27日) 
    「日米 韓国金融制裁」(12月28日) 
     発行日は連日韓国一面。お正月を挟み、 
    「レーダー逆ギレ韓国孤立」(1月4日) 
    「ビデオ反論 韓国墓穴」(1月5日) 
    「レーダー激怒 米韓同盟解消も」(1月7日) 
    「レーダー照射 立民知らんぷり」(1月8日) 
     と年末年始レーダー一色。 
     だんだん「逆ギレ」して「激怒」してるのが夕刊フジに見えてくる。私はタブロイド紙は「毎日真剣に怒ってるおじさん」 
    と擬人化しているが、その真骨頂かも。 
     その後も「虚言韓国にトドメ」(1月9日)、「日韓断絶」(1月11日)、「韓国制裁 官邸決断」(1月18日)、 
    「韓国乱心」(1月22日)、「韓国恥さらし」(1月24日)とボルテージは上がる。一面や駅売りの広告に韓国ネタが毎日続く。 

     私は昨年末にあるマスコミ人に聞いた言葉を思い出した。 
    「いま、保守派はロシアや中国や北朝鮮は叩けない。北方領土問題や米中経済摩擦や米朝会談で慎重なときだから、 
    気持ちよく叩けるのは韓国しかない」と。 
     その数日後にレーダー照射問題が起きた。なので興味深くその報道ぶりを追った。 
    その間、首相や外相がロシアに苦戦する北方領土交渉という出来事もあった。 
     保守派タブロイド紙の立場を考えると、韓国を連日一面に「せざるを得ない」流れだったのかもしれない。 
    刺激的でわかりやすいタブロイド紙の論調だからこそ見えてくることもある。それは読む側の心理の反映でもあろう。 
     そんなことも考えた、年末から続いた夕刊フジ「韓国一面祭り」であった。 
    http://bunshun.jp/articles/-/10712
    ※2月6日の一面「辻元 外国人献金」でついに途切れたようです 続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    170210_01_1

    1: 名無し募集中。。。 2019/02/06(水) 08:00:17.80 0
    福山氏は代表質問で、厚労省による毎月勤労統計をめぐる不正調査問題について、激しく政府を批判した。このほか、原発やLGBT(性的少数者)の問題は取り上げたが、国民的関心事といえる「韓国」については聞かなかった。
     枝野氏は1月30日の衆院代表質問で、対ロシア外交には時間を費やしていたが、対韓関係については沈黙した。

    ジャーナリストの安積明子氏は「立憲民主党は『外交に無関心な政党』と思わざるを得ない。北方領土を含む日露関係の質問も、政府の揚げ足取りといった印象が強かった。
    連日の報道を見れば、ロシアよりも、明らかに韓国への批判の声が強い。同党からは『日本国や日本人を守る』という意識・覚悟が感じられない」と断言した。 https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190204/soc1902040005-n1.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    d28f0251de026a09e61139ac9cc38de2

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/01/25(金) 11:46:26.77 ID:mNb9EHKi0.net 
    「喫煙ヘイト」どうにかならぬか 感情論で議論進む「たばこ排除」 
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190123/soc1901230004-n1.html 

    「ヘイト」という名の嵐が猛威を振るっている。在日コリアン、LGBT、安倍政権、ネトウヨ…。枚挙に暇がないとは、まさにこのことである。 
    むろん、その標的は“喫煙”も例外ではない。たばこの締め出しが一段と進む昨今だが、極端に先鋭化する「喫煙ヘイト」、どうにかならぬか。 

    そもそもヘイトの語源は、人種や宗教、性的指向、障害などを理由に差別や敵対心を煽る憎悪表現に由来するが、この言葉が本来の意味通りに使われたのであれば、特に疑問は感じない。 
    ただ、自分と異なる嗜好や考えを持つ人に対し、軽々しくヘイトという言葉でくくって攻撃対象にする事例が後を絶たない。 

    中でも、ネトウヨを標的にしたヘイトは悪質である。むろん、彼らの中には、在日コリアンや性的少数者を誹謗中傷し、一方的に差別を煽るような言動を繰り返す輩がいるのも事実だ。 
    それが許されざる行為であるのは当然だが、なぜか政権寄りの考え方や保守的な政治思想を持つ人までが、ひとくくりに「ネトウヨ」呼ばわりされ、排除されるケースが目についた。 
    「ネトウヨ春のBAN祭り」などと題し、動画投稿サイトYouTubeで一部の動画が大量削除された問題はその一例であろう。 

    一部ユーザーの通報によって削除された動画の中には、明確な差別表現があったとは言い切れないものも含まれており、何を基準に運営側が削除に踏み切ったのか、それも判然としないのだからタチが悪い。 
    特定の思想や嗜好を排除する動きは、これだけにとどまらない。喫煙をめぐる排除規制も同じだ。「喫煙者は採用しない」と公言する企業まで現れるご時世である。 
    筆者は社会全体でたばこを締め出す動きを「喫煙ヘイト」と勝手に呼んでいるが、世の嫌煙家たちのそれは、年々激しさを増していないだろうか。 

    誤解を恐れずに言えば、ひとたび「ヘイト」と認定されると、もう議論すらままならなくなる。一方的な考えを相手に押し付けて何かを排除できる世の中は、やはり異常である。 
    問題解決のために異なる意見を持つ同士がなぜ議論を交わすこともできないのか。ネトウヨと決めつける行為もそうだが、たばこ排除の動きも言うなればただの感情論に過ぎない。 

    そういえば、2018年の世相を表す「今年の漢字」は、「災」だった。愛煙家の筆者にとっては、喫煙規制がまた一段と進んだ一年を象徴する漢字であったと、しみじみ感じている。さて、今年はどうなることやら。(iRONNA編集長、白岩賢太)
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fuso
    1: らんらん ★ 2019/01/09(水) 20:30:33.80 ID:0cVASxlb9
    1/9(水) 20:25配信 日刊スポーツ

    扶桑社の男性誌「週刊SPA!」が9日、同社の公式サイトに、昨年12月25日号で女子大などを性的にランク付けした記事を掲載した件について、犬飼孝司編集長と発行人の渡部超氏名で謝罪文を発表した。

    「週刊SPA!」の特集記事において、女性の尊厳に対する配慮を欠いた稚拙な記事を掲載し、多くの女性を傷つけてしまったことを深くお詫びいたします。また、購読者の皆様に不快な思いをさせてしまったこと、大学関係者の皆様にご迷惑をおかけしてしまったことを重ねてお詫び申し上げます。

    今回頂戴いたしました多種多様なご意見については、改めて真摯に受け止めるとともに、女性の尊厳に対する配慮を含めて今後の編集方針や誌面づくりに反映させてまいりたいと思っております。(原文のまま)

    「週刊SPA!」は、18年12月25日号で「ヤレる女子大学生RANKING」と題し、女子大生と性交渉に発展しやすい大学などとして大学を順位付けした企画で、実践女子大、大妻女子大、フェリス女学院大、法大、中大を実名でベスト5にランク付けした。

    その企画に対し、インターネット上で扶桑社に対し記事の撤回と謝罪を要求する署名活動が展開され、編集部は7日に「読者の気分を害する可能性のある特集になった」などと謝罪のコメントを発表した。

    それに対し9日、ランク付けされた5大学が各大学の公式サイトで、そろって抗議文を発表した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00441049-nksports-soci

    続きを読む

    このページのトップヘ