ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    movie_tag_image

    韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機に対する火器管制レーダー照射問題で、韓国国防省は4日、日本側の主張に反論する韓国側の映像を公開した。
    1/4 14:12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000029-mai-kr

    3: 風吹けば名無し (ササクッテロ 126.35.149.167) 2019/01/04(金) 17:44:25.17 ID:m92uqWmfp
    韓国国防省 公式動画

    日本が国際法を遵守したと主張するのは果たして事実でしょうか?

    日本は哨戒機が国際法を遵守したということを裏付けるため日本の防衛省ホームページに掲載した資料を調べると、国際民間航空協約と日本の航空法の施行規則を引用していました。

    当時、哨戒機の飛行高度(150m)は国際法的に問題がないと主張しました。

    資料の出処は国際民間航空機構(ICAO)国際民間航空協約付属書(Annex)2-4。高度150メートル以下の視界飛行を禁止する条項があります。

    しかし、付属書の趣旨は国際法的に一般の民間航空機の運航と安全のための、一般飛行規則を定めるためのものです。

    さらに、国際民間航空機構(ICAO)の国際民間航空協約は、軍用機には適用しないと明確に規定しています。

    日本は国際法を恣意的に歪曲し解釈しています。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    74b2e023

    1: 風吹けば名無し (5級) (アウアウカー 182.250.246.208) 2018/12/28(金) 23:39:09.54 ID:IfMAajI1a
    韓国海軍の駆逐艦が日本海で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題をめぐり、防衛省は近く、哨戒機が撮影した当時の映像を公開する方針を固めた。
    27日にテレビ会議で行われた日韓防衛当局間の協議で韓国側が事実関係を改めて否定したため、公開に踏み切ることにした。
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20181228-OYT1T50001.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_0 (2)

    1: ばーど ★ 2018/12/25(火) 07:47:56.23 ID:CAP_USER9
     海上自衛隊横須賀基地(神奈川県)の補給艦「ときわ」で男性3等海尉(32)が自殺し、海自による乗員へのアンケートに、上官から3等海尉へのパワハラを指摘する記述が複数あったことが分かった。

     海自は事故調査委員会を設置し、パワハラの有無や自殺との因果関係を調べ始めた。

     関係者によると、3等海尉は9月、艦内で自殺した。遺書は見つかっていないという。

     3等海尉へのパワハラがあったとの証言が乗員からあり、海上幕僚監部服務室が全乗員約140人にアンケートを配った。その結果、3等海尉に艦長が「休むな」と指示▽上官が「死ね」「消えろ」などと発言、自殺前夜にバインダーを投げつけた▽別の上官が家に帰らせないと指導――などの回答があったという。艦長が他の乗員を殴ったり、ノートを投げつけたりしたとの記述もあった。

     海自は事態を重くみて、18日に護衛艦隊司令部(神奈川県)に事故調査委員会を設置し、実態解明に乗り出した。艦長はこれまでの調べに、厳しい指導をしたことは認めているという。今後、自殺との因果関係などを調べる。

    2018年12月25日 7時0分
    朝日新聞デジタル
    http://news.livedoor.com/article/detail/15787525/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/a/1a8da_1509_fdc9b295_3fe6d29d.jpg

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    82d9db34

    田母神俊雄?認証済みアカウント @toshio_tamogami

    https://twitter.com/toshio_tamogami/status/1076127935558340609
    韓国艦艇が海自対潜哨戒機に火器管制レーダーを照射したことで日本政府が危険だということで韓国に抗議したという。全く危険ではない。
    火器管制レーダーは近年フェーズドアレイ方式で常時ほぼ全周に電波を出し続けている。だから周辺にいる航空機などには電波照射が行われてしまう。(続く)
    23:51 - 2018年12月21日

    https://twitter.com/toshio_tamogami/status/1076129138245660672
    韓国艦艇は海自の対潜哨戒機だけを狙って電波照射したのではないと思う。周辺にほかの航空機がいればそれらも電波照射を受けている。
    しかしミサイルが発射されるには艦艇内の複数部署で同時に安全装置を外す必要がある。だから火器管制レーダーの電波照射が即危険だということにはならない。
    23:55 - 2018年12月21日

    https://twitter.com/toshio_tamogami/status/1076131106745765890
    各国の軍が訓練で火器管制レーダーの電波を空間に照射する。そして軍用機はレーダー警戒装置を持っているから電波照射を受けるとロックオンされた警報音が出る。
    戦時であれば直ちにチャフやフレアをまいてロックオンを外そうとする。平時は突然ミサイルが飛んでくることはないから大騒ぎしなくてよい。
    0:03 - 2018年12月22日

    https://twitter.com/toshio_tamogami/status/1076133661378981888
    火器管制レーダーの電波照射について私は韓国を弁護しているわけではない。訓練で世界中の軍が毎日火器管制レーダーの電波を発している。
    電波を照射しなければ訓練が出来ない。各国ともミサイルは発射されないようにしながら電波照射だけを行っている。
    0:13 - 2018年12月22日

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    souon_rinjin
    1: 名無し募集中。。。 2018/12/01(土) 22:00:24.03 0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000071-kyodonews-soci

    米軍横田基地(東京都)の周辺住民144人が、米軍機と自衛隊機の夜間・早朝の飛行差し止めと、過去の騒音被害や飛行継続で生じる将来分の被害を訴え、
    国に賠償を求めた第9次横田基地公害訴訟の判決で、東京地裁立川支部は30日、過去の被害に対する賠償として計9567万円の支払いを国に命じた。飛行差し止めや将来分の賠償責任は認めなかった。原告側は控訴する方針。

     判決で見米正裁判長は、運航に公共性を認めた上で「周辺住民への見過ごせない不公平が存在する。
    国の防音工事は対策として不十分」と指摘。訴訟が繰り返され、賠償命令判決が出ても抜本的防止策を講じない国の姿勢を批判した。

    続きを読む

    このページのトップヘ