ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    虐殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    af35de75-s

    毎年この時期になると一部のネトウヨさんがこういう当時の記事画像を貼ってデマを飛ばしています。これ何度もいろんな人が反論してるんやけど…この手のデマって論破されても論破されてもいくらでも復活してくるのでハンJ速報も過去記事に追記を加えて再投稿します


    2: マンセー名無しさん 2018/08/22(水) 21:08:43.63 ID:r1dCIRQK
    ネトウヨは関東大震災時の新聞記事を出して
    「朝鮮人暴動の証拠!」と意気がるが
    1926年発行の公式記録「大正震災志」でとっくに否定されてるデマ記事


    (※まとめ補足)
    大正震災志は関東大震災の3年後1926年に当時の内務省が発行。国立国会図書館デジタルコレクションにアクセスすると読むことができる。
    http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/981915 

    270ページから

    「交通通信がすべて途絶した当時であるから、東京横浜市民さえ、眼前の惨害より他の一切は全く知らなかった。まして他地方の人達はただただ張膽駭目するのみで、あせりにあせってもその被害状況をつまびらかにし得なかったのである。当時各地方新聞が号外もしくは本紙において報道したものの中には、随分思い切ったものがあった。その中より数種を転載して、当初暗黒の状をしのぶ一端とする」

    として、特に酷かったデマ記事一覧を数ページに渡って紹介している。読み進めると「富士山噴火」「皇居を京都に移すことに決定す」などの滑稽無形な見出しに交じって朝鮮人暴動の記事(ネットで頻繁に貼られる『横浜戦闘開始、一個小隊全滅』など)が多数見られる
    (参考:当該箇所1ページ目↓クリックで拡大)
    38949f6a

    デマを否定する警視庁のビラ
    cc4989a0-s

    東京地方裁判所の検事正が出した声明
    dfbc446a-s


    内閣府が2007年に出した報告書
    http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/rep/1923_kanto_daishinsai_2/index.html
    (本文の第4章第2節「殺傷事件の発生」から抜粋)
    軍や警察の公的記録では作業量が大きかった朝鮮人の保護、収容が強調されるが、特に3日
    までは軍や警察による朝鮮人殺傷が発生していたことが東京都公文書館所蔵の「関東戒厳司令
    部詳報」の「震災警備ノ為兵器ヲ使用セル一覧表」(『関東大震災政府陸海軍関係史料』第二巻
    に翻刻、以下「兵器使用一覧表」と略称。東京都公文書館所蔵の原本は現在公開が停止されて
    いるが、同館の協力により個人名を抹消した電子複写を閲覧して校合した)から確認できる。

    (中略)

    民間人による殺傷行動についての官庁資料で最も網羅的なものは、震災直後に内務大臣を務
    めた後藤新平の文書中に残る「震災後に於ける刑事事犯及之に関連する事項調査書」(『現代史
    資料(6)関東大震災と朝鮮人』に翻刻、以下「刑事事犯等調査書」と略称。なお、後藤新平
    文書を引き継ぐ後藤新平記念館、市政専門図書館では現在原本を確認できないので翻刻による)
    である。これは司法省が作成したもので、火災の原因、朝鮮人犯行の流言、朝鮮人の犯罪、朝
    鮮人・朝鮮人と誤認した内地人・中国人を殺傷した事犯、治安維持令違反、暴利取締令違反、
    社会主義者の行動、軍隊の行為、そして、警察官の行為、と章を分けている。1923(大正12)
    年11月15日現在の調査結果を中心に作成されているところから、同年12月の帝国議会開会を前
    に議会で問題となりそうな課題について、司法省としての見解をまとめたものと思われる。

    この資料によれば、朝鮮人による殺傷事件は殺人2件、傷害3件が記録されているが、すべ
    て被疑者不詳であり、殺人に関しては被害者も不詳である。このため、起訴には至らなかった
    と考えられる。流言にあった蜂起、放火、投毒等については、「一定の計画の下に脈絡ある非行
    を為したる事跡を認め難し」と否定している。検察事務統一のため、9月11日に臨時震災救護
    事務局警備部で開催された司法省刑事局長主宰の司法委員会会同で、朝鮮人の「不逞行為に就
    ても厳正なる捜査検察を行ふこと」が決議され、翌日各主務長官の承認を得て実施されている
    (「関東戒厳司令部詳報」)。この方針に従って調査したものの、上述の程度にしか確認できな
    かったということである。 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    91ebfc283eba8ca38617486838cedb16_1617026652_l

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/03/31(水) 22:42:42.56 ID:8WPmXKTBa.net
    ミャンマーで国軍によるクーデターに抗議した市民100人以上が殺害された27日夜、軍幹部は国軍記念日の祝宴を開いた。市民の虐殺について、12カ国の国防担当制服組トップがミャンマー国軍を非難するなど、国際社会では強い反発と非難の声が高まっている。

    https://www.bbc.com/japanese/56560577

    (※補足、記事の続き)
    国軍記念日の27日、各地の抗議集会ではクーデター発生以来最悪の死傷者が市民の間に出た。
    アメリカは治安当局が「恐怖の支配」を実施していると非難したものの、
    国軍のミンアウンフライン総司令官は同日夜、記念日を祝う華やかなパーティーを開いた。国軍記念日は、1945年の抗日武装蜂起にちなんだもの。

    国営テレビが放送した会場の様子がソーシャルメディアで拡散。ミンアウンフライン総司令官をはじめ軍幹部が白い制服に黒い蝶ネクタイ姿で、にこやかに赤いじゅうたんの上を歩いたり、晩餐用の大きなテーブルに着席している様子が見えた。

    この映像はソーシャルメディアで反発を呼び、ビルマ人活動家のマウン・ザルニさんは
    「世界の皆さん、私たちミャンマーはもはやマ・ア・ラ率いる武装ギャングを、自分たちの軍たちと呼ばないし、そう認識していない。
    我々は連中をネピドーのテロリストと呼ぶ。国民が圧倒的に同意するこの見解を尊重してもらいたい。
    このテロリストたちは晩餐会でタキシードを着ている」とツイッターで書いた。

    news4233596_50

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    38949f6a

    ※この記事はハンJ速報初期にまとめたスレを再構築したものです

    2: マンセー名無しさん 2018/08/22(水) 21:08:43.63 ID:r1dCIRQK
    ネトウヨは関東大震災時の新聞記事を出して
    「朝鮮人暴動の証拠!」と意気がるが
    1926年発行の公式記録「大正震災志」でとっくに否定されてるデマ記事


    (※まとめ補足)
    大正震災志は関東大震災の3年後1926年に当時の内務省が発行。国立国会図書館デジタルコレクションにアクセスすると読むことができる。
    http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/981915 

    270ページから

    「交通通信がすべて途絶した当時であるから、東京横浜市民さえ、眼前の惨害より他の一切は全く知らなかった。まして他地方の人達はただただ張膽駭目するのみで、あせりにあせってもその被害状況をつまびらかにし得なかったのである。当時各地方新聞が号外もしくは本紙において報道したものの中には、随分思い切ったものがあった。その中より数種を転載して、当初暗黒の状をしのぶ一端とする」

    として、特に酷かったデマ記事一覧を数ページに渡って紹介している。読み進めると「富士山噴火」「皇居を京都に移すことに決定す」などの滑稽無形な見出しに交じって朝鮮人暴動の記事(ネットで頻繁に貼られる『横浜戦闘開始、一個小隊全滅』など)が多数見られる
    (参考:当該箇所1ページ目↓クリックで拡大)
    38949f6a

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bbd1dd21cab456a669c2ce1f2aa80f47

    (関連記事リンク)




    1: マンセー名無しさん 2018/11/11(日) 22:27:06.45 ID:A59Ymbjl
    調べてみたらえげつないで
    あまり知られてないが

    (※まとめ補足)
    マニラ大虐殺は、マニラの戦い (1945年)において発生した虐殺事件。民間人の推定死亡者は約10万人。戦後、マニラ軍事裁判において山下奉文が、極東国際軍事裁判において武藤章が責任を問われ有罪となった
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A9%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    640_1eb6743d353d2ea98e2b12531ba18c0b


    関連記事リンク




     中国で弾圧を受けたウイグル人の証言を聞く集会がこのほど、明治大現代中国研究所と国際人権NGOアムネスティ・インターナショナル日本の共催で開かれ、2015~18年に3回強制収容された在米ウイグル人女性、メヒルグル・トゥルスンさん(29)がインターネットを通じて映像で登場。事前に録画した証言が紹介された。証言内容は次の通り。

     エジプトでウイグル人男性と結婚し、三つ子を授かった。15年5月、生後45日の子供を親に見せようとカイロから中国新疆ウイグル自治区・ウルムチ空港に到着したところ、拘束された。手錠・足かせを付けられ刑務所に連れて行かれ、尋問を受けた。その後強制収容所に移された。3カ月後、子供が重体だと聞かされ、仮釈放されたが、病院に行くと空港で引き離された三つ子の1人は遺体で引き渡された。栄養を取らせるということで、首付近を手術されていた。

     2回目の拘束は17年4月。3日間も睡眠を許されず、警官から「外国で誰を知っているのか」など厳しい尋問があった。激しく殴られ、電気ショックを受ける拷問を受け、意識を失った。  病院で血液検査と臓器検査を受け、強制収容所に送られた。習近平(国家主席)の長寿を祈らされ、「中国共産党は神様だ」と強要された。部屋の片隅には小さな穴があり、それがトイレ代わりだった。部屋は狭く、みんな一緒は無理なので2時間ごとに交代で寝た。注射を打たれ、正体不明の薬を無理やり飲まされ、全身がだるくなり、記憶力がなくなり、うつ状態になった。  8月にウルムチ市内の精神科病院に入院するまでの間に68人の女性と一緒に過ごしたが、21歳から62歳までの女性9人が死亡したのを見た。その後、実家に戻ったが、2人の政府当局者に24時間態勢で監視された。

     3回目の拘束は18年1月。警官から「お前は無期懲役か死刑になる」と告げられた。しかし子供がエジプト国籍だったため、エジプト政府の職員が面会に来た。エジプト政府の働き掛けで子供を連れてエジプトに一時戻ることを許された。私の家族・親族26人が拘束されており、警官は「子供を送り届け、2カ月以内に戻ってこなければ、(新疆の)家族はひどい目に遭うぞ」と脅した。

     18年4月、なんとかエジプトに到着したが、中国当局者から脅しの電話があった。最初は新疆に帰るつもりがあったが、祖国で起きていることを世界に知らせなければならないと思い、帰らず、米国政府に接触し、今は米国で暮らしている。  夫は、帰郷したまま行方不明になった私を捜すため16年に新疆に入り、ウルムチ空港で拘束された。夫は懲役16年の実刑判決を受けたと聞いた。

     以前、警官に「私がなぜこんなにひどい目に遭うのか」と尋ねたことがある。「それはお前がウイグル人だからだ」との答えが返ってきた。私たちウイグル人の言語、独自文化は消滅させられている。18年ごろからウイグル人家庭に監視カメラと盗聴器が設置され、女性のスカーフは禁じられ、スカートも膝上まで切られる。(イスラム教徒向けの)ハラル食材もラマダンも禁止され、各家庭に中国の国旗や習近平の写真が飾られている。病院や銀行の職員らもウイグル語は禁止され、話すと退職処分となる。

     強制収容所に関しては、村の役人に収容者を増やすようノルマが課され、達成するまで拘束は続けられている。収容所の規模は拡大しており、全ウイグル人が収容所を体験するのは時間の問題だろう。
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2019071400172&g=int

    続きを読む

    このページのトップヘ