ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    FBubtaWUcAIFE3R

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/12/10(金) 23:02:17.97 ID:a4cCGkyi0.net
    「Dappi」裁判はじまる、発信元の企業が争う姿勢。立憲議員側は産経新聞と作家も提訴
    Twitterアカウント「Dappi」の発信元回線契約者を相手取った訴訟が始まった。
    立憲民主党の参院議員は「Dappi」のツイートで引用されていたコラムを掲載した産経新聞社と、執筆者である作家の門田隆将氏に対しても、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしている。

    両議員は「Dappi」のツイートで引用されていたコラムを掲載した産経新聞社と、執筆者である作家の門田隆将氏に対しても、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c618c229dedd15021dd82c6655a01620dd1e2d32

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    c537c135-s

    〔関連記事リンク〕
    ネトウヨのこの手の主張がいかにアホらしいか、ハンJ速報でも初期にいくつか記事にしている



    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/12/08(水) 14:52:42.92 ID:jlXOSFxir.net
    安田菜津紀さんが提訴 出自への「差別的」ツイートに対し 東京地裁
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a7edfc66fa6836065c7cbfae6e2306210ea4371
    2 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/12/08(水) 14:52:51.31 ID:jlXOSFxir.net
    ツイッターで出自に関する差別的な投稿をされたとして、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんが8日、西日本に住む男女2人にそれぞれ195万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。安田さんが2020年12月に「父の死後に父が在日コリアンだと知った」などと投稿したところ、「チョンども」などと返信されたとし、人格権の侵害だと主張している。

    【動画】「差別は日常をねじ曲げる」 安田菜津紀さんが提訴

     訴状によると、男性が「在日特権とか、チョンどもが日本に何をしてきたとか学んだことあるか?」などと、女性は「密入国では?」などと返信したとしている。

     安田さん側は、在日朝鮮人が税制などで優遇されていた事実はないとし、在日特権という表現は安田さんへの侮蔑で、安田さんの父の社会的評価を低下させると主張。被告2人の投稿はヘイトスピーチ解消法が定める国外出身者や、その子孫に対する「差別的言動」に該当すると訴えている。【遠山和宏】

    sub-buzz-923-1638944550-2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8aeda326d6c6bbba96fea15df3862d97

    〔関連記事リンク〕
    (一審判決の時の記事)


    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/12/02(木) 15:45:59.63 ID:pnExlRCe0.net
    森友学園や加計学園をめぐる報道が書籍で「虚報」などと記され、名誉を傷つけられたとして、
    朝日新聞社が著者で文芸評論家の小川栄太郎氏と出版元の飛鳥新社(東京都)に5000万円の損害賠償などを求めた
    訴訟の控訴審判決が2日、東京高裁であり、定塚誠裁判長は名誉毀損(きそん)を認定した一審東京地裁判決を支持し、控訴を棄却した。

    東京地裁は3月、問題となった書籍の記述のほとんどを名誉毀損と認め、小川氏と飛鳥新社に計200万円の支払いを命じていた。

    判決などによると、飛鳥新社は2017年、小川氏が執筆した書籍「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」を出版。
    同書には「朝日新聞がひたすら『安倍たたき』のみを目的として、疑惑を『創作』した」「全編仕掛けと捏造(ねつぞう)で
    意図的に作り出された虚報」などの記述があった。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120200733&g=soc
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    E1MGJ8fVcAMUF3X

    在日コリアンの母親を持つ男子大学生(当時は中学生)が、ブログ上で自らに対するヘイトスピーチを記していた大分県の男(68)に対して慰謝料などを求めていた裁判の控訴審判決が5月12日、東京高裁(白井幸夫裁判長)であった。

    判決では、書き込みが「著しく差別的、侮蔑的」であるとして、慰謝料など計130万円の支払いを命じた。男は2019年1月、侮辱罪で科料9千円の略式命令を受けており、民事では厳しい判決が下されたことになる。

    インターネット上の誹謗中傷をめぐる裁判としては高額で、差別を違法要素とする判決ついて、弁護団は「ネット上のヘイトスピーチについて、賠償基準や判断基準を塗り替える画期的なもの」としている。
    (*この記事にはヘイトスピーチの文言が直接含まれます。閲覧にご注意ください)【BuzzFeed Japan/籏智 広太】

    裁判を起こしたのは、神奈川県の大学生、中根寧生さん(18)。在日コリアン3世の母親と、日本人の父親を持つ。

    相手は、「写楽・・・支那・韓国朝鮮の真実『写楽』ブログ 日本が大好きでアンチ&排除支那韓国朝鮮ブログ」(タイトルは当時)の管理人だ。

    判決によると、そもそもの発端は、2018年上旬に川崎で開催された音楽イベントに関する新聞記事。地元紙で、当時中学生だった中根さんのコメントが紹介されていた。

    「写楽」ではこの新聞記事や中根さんの名前を掲載した、「在日という悪性外来寄生生物種」などというブログ記事を公開。

    「見た目も中身ももろ醜いチョーセン人」「おまエラ不逞朝鮮人」「チョーセン・ヒトモドキ」などという言葉を並べていた。

    弁護団によると、ブログ記事は、中根さんの名前で検索すると上位に表示されていた。

    また、この「写楽」に限らず、ネット上では匿名掲示板をはじめとし、同様の書き込みが大量にされていたという。

    裁判では、横浜地裁川崎支部が2020年5月に慰謝料と弁護士費用、計91万円の支払いを命じる判決を出している。

    判決では「差別され、地域社会から排除されることのない権利」に言及し、差別による人格権侵害を認めていたが、中根さん側はより厳しい判決を求め控訴していた。

    さらに、「名誉感情を著しく害し、その個人としての尊厳や人格を損なうものであって、本件投稿行為は極めて悪質である」とも指摘した。

    また、不特定多数が閲覧可能なインターネット上に投稿されていたことから、「中学3年生という多感な時期」であった中根さんに与えた「精神的苦痛は多大であり、その成長にも悪影響を及ぼしかねないもの」だったと結論づけた。

    そのうえで男に対し、一審判決を大きく上回る、計130万円の支払いを命じた。

    (中略)
    男性は差別を認めておらず、謝罪も代理人からFAXで送られてきただけだった。

    全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f9f90f8ba44c8cdc45475a39d67c1029418b610f?page=1 

    (※まとめ補足)
    記事では被告が匿名ですが神奈川新聞が本名を掲載しています
    Inc2FywdboNz5MO1620921621

    竹下祐二(68)

    ハンJ速報では2年前、略式命令が出た時に一度記事にしています。今では消えてるブログ記事の中身がどういうものだったかもアーカイブから転載されています

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/12(水) 22:56:03.81 ID:Aa0YTzvV0.net 
    中学生にブログでヘイトスピーチ、60代の男性に損害賠償130万円の判決
    https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/sharaku-2
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    maxresdefault

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/03/11(木) 20:40:43.36 ID:F3rVDUFf0●.net 
    小川榮太郎氏ならびに飛鳥新社に対する訴訟の判決について
    https://www.asahi.com/corporate/info/14257261

    小川榮太郎氏の著書「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の記述は
    事実に反し名誉毀損にあたるとして、朝日新聞社が小川氏と出版元の「飛鳥新社」を訴えていた裁判で、
    東京地裁は3月10日、朝日新聞社の主張をほぼ認め、
    小川氏と飛鳥新社に連帯して200万円の損害賠償を支払うよう命じる判決を言い渡しました。

    朝日新聞デジタルの記事はこちら
    https://digital.asahi.com/articles/ASP3B75PKP3BUTIL00S.html
    朝日新聞社のコメントはこちら
    https://public.potaufeu.asahi.com/company/release/info/2021/%E6%9C%AC%E7%A4%BE%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88.pdf
    判決全文(住所などを一部消しています)はこちらです。
    https://public.potaufeu.asahi.com/company/release/info/2021/%E5%88%A4%E6%B1%BA%E5%85%A8%E6%96%87.pdf
    訴訟提起時のお知らせはこちらです。
    https://www.asahi.com/corporate/info/11264607

    小川榮太郎「これは言論の自由への攻撃でありスラップ訴訟。私はただ意見・論評を書いただけ」
    g6vgjTL

    f1lkIWd

    朝日新聞「君らさあ、裁判のルール知らないの?(困惑)」
    ACtqwp7

    裁判所「小川くん、名誉毀損ってのはね…」
    o3EfhIM

    判決
    sCak52b

    続きを読む

    このページのトップヘ