ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    有罪

    投稿者:発掘所

    辛淑玉のニュース女子訴訟、制作会社DHCテレビジョンに550万円賠償命令
    【悲報】DHC提供のネトウヨ番組"ニュース女子"基地反対デモをばらまき高裁でも敗訴でゲロ吐きながら涙目敗走

    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ベーイモ MM6b-A6LS)2022/06/03(金) 14:35:49.89ID:NkYFN6rAM?DIA(101002)
    1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (アウアウウー Sac5-+2TN)2022/06/03(金) 19:57:47.41ID:aJXPNijra?PLT(15001)

    東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)が放送したバラエティー・情報番組「ニュース女子」で名誉を傷つけられたとして、市民団体共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんが制作会社のDHCテレビジョンなどに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(渡部勇次裁判長)は3日、制作会社に550万円の支払いを命じた。
    1審・東京地裁判決(2021年9月)の賠償命令額を維持した。

    1審判決によると、番組は17年1月に放送され、沖縄県の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設反対運動の参加者を「テロリスト」などと表現。
    出演者が、市民団体が反対運動の参加者に日当5万円を支払っているという趣旨の発言をした。

    1審は、反対運動で過激な暴力行為を伴う犯罪行為が繰り返されているような印象を番組が与えたなどと指摘し、「重要な部分で真実性が証明されていない」として制作会社に賠償とウェブサイトへの謝罪文の掲載を命じた。
    辛さんは番組司会の長谷川幸洋・元東京新聞論説副主幹にも賠償を求めたが、1審は「企画、編集に関与していない」として棄却した。
    このため原告側、被告側ともそれぞれの敗訴部分を不服として控訴していた。

    この番組を巡っては、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会が18年3月、辛さんへの人権侵害を認定し、TOKYO MXが同年7月に謝罪した。【遠藤浩二】

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6767a74e

    投稿者:ハンJ太郎

    〔関連記事リンク〕



    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2022/02/05(土) 10:03:15.96 ID:tyNBQBrJ0●.net 
    在日コリアンであることを理由に不当な懲戒請求を受けたとして2人の弁護士が請求を行った9人に対し損害賠償を求めた裁判で、長野地方裁判所は9人全員にあわせておよそ600万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。

    この裁判は東京弁護士会に所属する金竜介弁護士と金哲敏弁護士の2人が、長野県などに住む9人に対して起こしたものです。
    訴状によりますと2人の弁護士は9人から在日コリアンであることを理由に不当に弁護士の懲戒請求を受けたということです。
    長野地方裁判所では4日、判決が言い渡され、真辺朋子裁判長は「被告らが行った懲戒請求はいずれも具体的な事由がなく、請求の対象になる理由がない」としたうえで、「原告らは民族的少数者として不当に差別されたと受け止め、精神的苦痛を被ったとものと認めることができる」などと弁護士側の主張を認め、9人にあわせておよそ600万円の賠償を命じました。
    判決を受けて金竜介弁護士はNHKの取材に対し、「裁判所の判断は被告らの行為が人種差別にあたると認めているもので意義がある。民族的属性によるひぼうや中傷のない世の中になってほしい」と話しています。
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    d6fc8e8a-s

    投稿者:ハンJ太郎

    (※まとめ補足)
    伊藤詩織さん、二審も勝訴――高裁「合意なき性的暴行」を認定 著書の1文“名誉毀損”で支払い命令も 元TBS記者は上告へ 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c46b0f61e846201e30fbdc85bfe2e6b353632ce

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2022/01/25(火) 22:51:55.98 ID:4lnrAYMw0.net
    刑法改正「もう時は来ている」
     会見の冒頭、伊藤さんは「20代後半から30代はこの裁判に向き合いきりだった」としながらも
    「後悔はない。私が信じるジャーナリズムの希望、かき消されたり、届かなかったり、繰り返される何かを変えたいと思い、やってきた。
    誹謗中傷もあったが、友人や弁護士など、助けてくれる人がいたのでここまでこれた」と支援者へ謝意を示した。
     法制審議会で議論が続く性犯罪の刑法改正には「日本で性暴力やレイプを証明するには、被害者が著しい暴行や脅迫を立証しないといけない」と問題点を指摘。
    「海外では、不同意が(性犯罪を構成する)基礎なのに日本は変わってない。(改正に)時間がかかるとされるが、もう時は来ている」と不同意性交罪の早期創設を繰り返し訴えた。
    2 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2022/01/25(火) 22:52:13.72 ID:4lnrAYMw0.net
    「泣き寝入りしない」社会に第一歩
     会見に同席した角田由紀子弁護士は、日本の性教育の遅れを指摘。
    「同意なしの性行為が普通にできる社会、国際的な基準にあった性教育をすべきだが、日本ではやっていない。日本社会の現状を見直す契機にすべきだ」と述べた。
     5年前から弁護にあたってきた西広陽子弁護士は判決に「まっとうな常識に従った説得力のある判決」と意義を強調。
    「詩織さんは大変な思いをして性被害を公表した。泣き寝入りしない、冷めたシステムをなんとかしてほしい、と思って訴えた。判決はそれに答えた第一歩だ」と評価した
    4 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2022/01/25(火) 22:52:20.94 ID:4lnrAYMw0.net
    ◆「誰のための警察、メディア」自覚訴え
     伊藤さんが、検察審査会で不起訴不当を訴えて5年。伊藤さんを被害者とする準強姦罪の逮捕状の執行を見送る指示を出した当時の警視庁刑事部長の中村格氏は、現在、警察庁長官を務めている。
     中村氏に対し伊藤さんは「なぜ、逮捕とりやめたのか。当事者として聞く権利がある。裁判官が出した逮捕状が、果たして1人の判断で執行されないようなことがあるのか。(警察庁からは)まだ答えがない」と訴えた。
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    FBubtaWUcAIFE3R

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/12/10(金) 23:02:17.97 ID:a4cCGkyi0.net
    「Dappi」裁判はじまる、発信元の企業が争う姿勢。立憲議員側は産経新聞と作家も提訴
    Twitterアカウント「Dappi」の発信元回線契約者を相手取った訴訟が始まった。
    立憲民主党の参院議員は「Dappi」のツイートで引用されていたコラムを掲載した産経新聞社と、執筆者である作家の門田隆将氏に対しても、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしている。

    両議員は「Dappi」のツイートで引用されていたコラムを掲載した産経新聞社と、執筆者である作家の門田隆将氏に対しても、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c618c229dedd15021dd82c6655a01620dd1e2d32

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    c537c135-s

    〔関連記事リンク〕
    ネトウヨのこの手の主張がいかにアホらしいか、ハンJ速報でも初期にいくつか記事にしている



    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/12/08(水) 14:52:42.92 ID:jlXOSFxir.net
    安田菜津紀さんが提訴 出自への「差別的」ツイートに対し 東京地裁
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a7edfc66fa6836065c7cbfae6e2306210ea4371
    2 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/12/08(水) 14:52:51.31 ID:jlXOSFxir.net
    ツイッターで出自に関する差別的な投稿をされたとして、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんが8日、西日本に住む男女2人にそれぞれ195万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。安田さんが2020年12月に「父の死後に父が在日コリアンだと知った」などと投稿したところ、「チョンども」などと返信されたとし、人格権の侵害だと主張している。

    【動画】「差別は日常をねじ曲げる」 安田菜津紀さんが提訴

     訴状によると、男性が「在日特権とか、チョンどもが日本に何をしてきたとか学んだことあるか?」などと、女性は「密入国では?」などと返信したとしている。

     安田さん側は、在日朝鮮人が税制などで優遇されていた事実はないとし、在日特権という表現は安田さんへの侮蔑で、安田さんの父の社会的評価を低下させると主張。被告2人の投稿はヘイトスピーチ解消法が定める国外出身者や、その子孫に対する「差別的言動」に該当すると訴えている。【遠山和宏】

    sub-buzz-923-1638944550-2

    続きを読む

    このページのトップヘ